読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【フリースタイルダンジョン】呂布カルマ vs T-Pablow。般若まで怒涛の勢いなるか

w1mvy.hatenablog.com

引き続き、強すぎる呂布カルマについて書く

2nd BattleはT-Pablow。T-Pablowのインタビュー見て、「あ、やっぱラッパーもお弁当食べるんだよね」なんてどうでも良いことを思ってしまった。というか弁当食べ終わった後にインタビューすれば良いのに。前回のCINDERELLA MC'sのときに下ネタを言いまくるR-指定のときのワイプの笑いが堪えきれないT-Pablowと良い、弁当食べてるT-Pablowと良い、バトルのときとのギャップがあって何か可愛く見えてしまいませんかね。

試合前までは漢a.k.a GAMIと違って、ガッツリな韻を踏んでくるT-Pablowであれば、畳み掛けて踏めれば意外にアッサリT-Pablow勝っちゃうのかなとか考えてた。試合を見ると全然見当違いな結果だった。

Round1。先攻T-Pablow「作りすぎなキャラクター 俺生き様 お前ガラクタ」、独特なラップと格好とカルマ信者など呂布自身が作っているのか、巡り巡ってこうなったのかはわからないけどもキャラクターというイメージがある。そのキャラでラップをやっているというところを突く。「T-Pablow 生き様?なんだ お前 不器用だっただけだろうが」と後攻呂布呂布も不良と貧乏を話題に出すことが多いT-Pablowを的確に突く。続けて「さっきも言った 犯罪歴 貧乏 一つも理由になんねぇ」とさらに一歩踏み込んだ呂布の言葉の方が深く突き刺さったように見えた。というか私もT-Pablowの不良、貧乏の話題は若干飽き飽きしてると感じてるので、「そうそうそう」とテレビの前で同意してた。

2本目T-Pablow「ずっとそうだった 俺は貧乏人 けどそっから這い上がってこそのB-BOY 七転び八起きの波乱万丈 成り上がった今じゃ ジム付きのタワーマンション 言葉吐いてく 分かる? 大切な対決 歳月が解決しないから ハイテクなアイテムで マイペースにHIPHOPだけ愛せる 俺はI REP」と8小節ひたすらに踏みまくり。ここを全部書いたのは次の呂布カルマの「俺相手に言葉の重みとか語った奴が 安い韻ばっか踏んでるな」という1本目のT-Pablowの「いい歳こいてバトル出なきゃ売名できねぇラッパー 言葉の重みなんかあっか?あるわけねぇだろやっぱ」に被せる完全な重いカウンターが決まったから。

3本目のT-Pablowは調子狂わされた感じだった。「いやいや お前の方が言葉の重みどうこう言ってんじゃねぇ お前 俺より12コぐらい上だろ お前の方が言葉の重みはあるに決まってんじゃん 逆に俺 21歳 12コ下の9歳に向かって"お前言葉の重みねぇから"とか言わねぇから」「12コ下の9歳に〜」の下りは面白かったけど、話はブレブレだし呂布カルマ相手にはこの返しは失敗だったか。「いやお前も一緒かよ テンパってんのかよ 言葉の重みがねぇとか言ったのお前だろ」「ガキが 年下のくせに年齢関係ねぇ 気にしてんのはお前の方だろうが」と矛盾を指摘しつつ、1stの漢も引っ張りだして突く。解説でいとうせいこうが言っている通り、少しでもミス、矛盾があったらひたすらにロジカルに抉り倒す、というのを淡々とできるのが呂布カルマの強いところなんだろうか。

Round2。Round2も先攻T-Pablowだったが、「フロウの無さをナントカとか言葉の重みでどうこうで正当化するようなラッパーになりたくねぇな」と完全にやっちゃったと思ったし、呂布もムッチャ良い笑顔でそれを物語ってた。「まだ言ってる"言葉の重み" 俺そんなダッセェ言葉使った事ねぇんだけども ぶっちゃけ」とやっぱそこ突きますよね、Round1でいとうせいこうにも言われてたしね、というところを返す呂布。「ポッと出のガキ 酒と女に溺れて5年後には見なくなってる典型的な例だよお前は」に対するT-Pablowの「溺れてねぇよ 酒に女 根拠ねぇ自身で俺はこのゲームの賭けに乗った」ここカッコいい。vs烈固 の「愛情で作詞 内容で作詞 神様ありがとう 才能で博打」を思い出した。「犯罪歴?そんなん語ってねぇ」からの「俺の街の方が危ねぇ奴が多いんだよ」。ここを聞くとやっぱT-Pablowの根本にあるのは不良っていうところなんだろうか。個人的には飽きてるけども一本軸通してるのはカッコいい…気もする。

2本目の呂布の「相変わらず虫唾が走るナルシズム」は軽く踏みつつ、T-Pablowの不良、貧乏からの成功、の一本調子の話題を突いていく。

3本目の「下の下の下 そっから上の上の上 それで来年には購入するプライベートジェット」ここも個人的には好き。「どん底でクソみてぇな街を見てきたそっから上がるそのためのお前の首 分かる?ありすぎるスキル」と続ける。Round1でも言ってたように確かに呂布カルマは12歳も年上だし、呂布カルマという強烈なキャラは確かに踏み台にしたい首なんだろう。が、「モンスターのお前が俺の首を狩って名前を上げるって立場逆転減少 これ典型的な例でしょ」これまた最後の最後まで的確に抉ってくる呂布。ワイプの漢も思わず天を見上げている…もしくはただ眠いだけなのか。

個人的にはRound2がクリティカルならRound1こそクリティカルであれよと思った。Round2のT-Pablowの方がトリッキーな韻を踏んでいたし、余裕がある感じがして善戦していたように見えたのだけども。

快進撃が続く呂布カルマ。どこまで行くんだろうか。vs R-指定は絶対に見てみたいので、そこまでは勝って欲しい…!!来週が楽しみだ。

The Cool Core

The Cool Core