読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【フリースタイルダンジョン】呂布カルマ vs 漢a.k.a.GAMI。呂布の名の通りの強さ

恐らくフリースタイルダンジョンが始まってから待ち望んでいた人が多く、そして去年の口迫歌合戦のときには期待値がひたすらに高まった、「呂布カルマ」の殴り込みが実現した。

私は完全なR信者なんだけども、入信してしまいそうなほど呂布カルマが強かった。

最初のインタビューでは「R-指定がぶっちぎり、正直二度とやりたくない」、般若に関しては「実力的には他のモンスターと差はない」という発言。R-指定に関しては呂布カルマの「二度とやりたくない」って弱気な言葉が出てくるんだなぁと自分の中の呂布カルマの勝手なイメージ像からギャップを感じた。ぶっちぎり、というのは恐らく適切で、他のモンスターに比べR-指定の勝率は高いんじゃなかろうか。感覚だとRは七、八割程度で、他のモンスターは大体勝率五割程度だろうか。般若に関しては、前の記事で書いたが、個人的にはバイブスがどうのこうのみたいなタイプは正直強いと思わない、思えないので、呂布カルマが完全に代弁してくれた。

w1mvy.hatenablog.com

Round1。口迫歌合戦同様Round1でクリティカル出したら会場の空気が呂布カルマ一色に染まって、般若戦まで持っていけるんじゃなかろうかという期待があった。3本目、「バイキング楽しそうだったね バイバイ過去のキング」「俺あそこから高笑い ここでもう1回笑ってやるよ もうお前は俺には敵わない」ここでクリティカル入るかなと思った。対する漢は少し溜めて「生唾ごっくん」、溜めてって書いたけども「生唾ごっくん」って沸くところでも何でもないし、単純に詰まっただけなんじゃないだろうか。モンスターに上げてたいとうせいこう、HIDADDYの解説が聞きたいところだった。

Round2。「審査員お前の方に肩入れしてるみたいだけど」という呂布カルマに対して「今日の判定は俺も何か微妙だぜ」と漢。一瞬漢は「俺が勝ってた」というところを主張したのかと思ったが、Round1を見るに自身でもクリティカルで負けると考えていたのではないか。

そのまま漢の「お前馬みたいな面してそんな風に見ててもよ爬虫類みたいな顔にしか見えない」。これ聞いたときに漢は何を言いたいんだろうか全くわからなかった。Round1、1本目の「お前は露骨に 俺はお前の肋骨を簡単に折るだけ」みたいな怖さが見えるライムはどこにいってしまったのか。

対する呂布の「爬虫類なのか馬なのかハッキリしろや 馬は哺乳類だろうが」ごくごく当たり前のことを言ってるだけなのに盛り上がるのは呂布カルマの成せるところなのか、それとも漢の言ってることが良くわからないからなのか。個人的には後者。「ハッキリ言ってお前は猪八戒だろうが」と呂布も漢の見た目を突く。猪八戒でちょっと笑ってしまったけども「早くスキルの方もリバウンドして帰ってこねぇとこのまま本当に消えて無くなってしまいそうだぜ」と口迫同様、漢が突かれて一番痛いところに繋げてくるのは上手くてさらに笑ってしまった。

2本目の漢は「焦りだすんじゃねぇよ オメェらしくねぇよ」、実際にステージ上ではどうだったかは分からないが、テレビで見る限り対して焦ってはいないように見えた。続けて「鼻毛もでてるよ なんてね」とRound1の生唾ごっくんを思い出すようなライム。漢は一体何を言いたいのか…!全くわからん。さらに「お前みたいによ 澄まし顔してたって無駄なんだよ」と焦りと澄ましでキレイな矛盾。そこを呂布は「澄ましてんのか焦ってんのかどっちなんだよ テンパってんのはお前の方だろうが」と2本目同様的確に指摘してくる。

Round1はクリティカルじゃなかったけど今回はクリティカル確定だろう…と思ってたら勝ったけどもクリティカルならず…!!なんでだLiLy…!!呂布カルマとの戦いでは調子が悪い漢だったけど、LiLyのコメント後の「何の話ししてんすか?」は完全なパンチラインでLiLyに対してクリティカルだった!!!

a.k.a.GAMI戦だけで長くなってしまったので、T-Pablowは別に書こう。

毎日パンチライン ([実用品])

毎日パンチライン ([実用品])