読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個とうんこ

会社の個室で用を足していると、左右から、力む声、排泄音が聞こえる。ふと思うと何故この薄壁一つ挟んで、扉の上下に隙間があるこのガバガバな個室の中で 我々は当然のように一緒にうんこをしているのか。

いつからだろうか、僕らが周りを気にせずうんこができるようになったのは。

ハッキリと覚えている限り、小学生のときには学校でうんこは出来なかった。学校でうんこをしようものなら、個室から出てきたのを見られようものなら、その日は完全に晒し者である。僕はいつもうんこを我慢し、帰宅していた。友人に悟られないように、それでも石蹴りの石を用水路に落とさないように。

中学、高校はどうだろうか。この時期に関しては正直どうしていたか覚えていない。あれ、うちの学校って個室あったっけ、と考えてしまうレベルだ。微かに思い出せるのは保健室の前にあった綺麗な個室は使っていたような覚えがある。

大学に関しては、学部の校舎のトイレがそこまで綺麗でなかったので、隣の学部のトイレまで行っていたのを覚えている。立派にうんこができるようになったのは大学時代からなのかもしれない。

学生時代にうんこを恥ずかしがるのは「xxxがうんこをしていた」という、個とうんこの紐付けがされてしまうからである。人間である以上、排泄行為は避けられないのだが、精神的に幼いときには個とうんこを紐付けてしまい、うんこに対するネガティブイメージが個に結びつくことによって、誂われる対象となったり、うんこをすることへの恥ずかしさに繋がるのである。

そんな僕らも精神が成長すると個とうんこを別々に考えることができるようになる。個室は互いにブラックボックスで密室であり、そこで自分がうんこをしたとしても、他人がうんこしたとしても、ブラックボックスの中で行われていることであり、全く意識をしないのだ。

しかし、小を足しているときについでに屁をこくのは恥ずかしいと思ってしまうのだが、それは同じく小を足している他人から、「屁をこいている私」すなわち「個とうんこが繋がった状態の私」を見られるのが恥ずかしいからなのかもしれない。

それを踏まえると個とうんこを分けて考えるのに役に立っているのは個室であり、個室の存在の有り難さを再度認識した、そんなところで、ウォシュレットの水圧に私の考えは中断された。

できる男はウンコがデカい (宝島社新書)

できる男はウンコがデカい (宝島社新書)

【フリースタイルダンジョン】クリティカルヒッターズ、チコ/T-Pablowにクリティカル負け

しれっと1on1制になるかなと思ったけど、通常通りチーム戦でしたね。

「クリティカルヒッターズ」という名前でこれ、クリティカルで負けたらちょっとかっこ悪いなとか思ってたら、まさかのクリティカル負け。だけども最終Roundにもつれ込んで紙一重のクリティカルヒットって感じだった。先週の呂布カルマの試合よりもよっぽど格好良い負け方だと思う。

カルデラビスタって何か知り合いに確か居たかも、って凄い思ってしまうんだけど皆様どうでしょう。そんな感じしないですかね。

Round1

これはどちらも甲乙がつけ難いというか、どっちかというとモンスター側もチャレンジャー側にも決め手が無かった。チコ「危ねぇ メンタル 鋼のメンタル この場所で俺達が天から下してく」これは負けっぱなしが続いている自身の心と意気込みなんだろうか。結果として今回はクリティカルで勝ったのでメンタルの調子を取り戻して欲しいところ。T-Pablow「俺達はモンスター 抜け出すぜ暗いとこ チーム名からして お前らないなプライド だから出来ない上手くフライト 悪ぃけど 勝利 お前ら 無愛想」PONY「本当一方通行しか見えてないようだもうちょっと磨こうか内心 内面」句潤「判断は落胆な簡単なチャレンジャー モンスター食っちゃっていいっすか?」 この一本目が凄い微妙で互い違いに内容噛み合ってなくて、これチーム戦なんだよね…と心配になった。 二本目のT-Pablowの「一方通行じゃねぇお前らと交わんねぇ 対向車線」が言い得て妙で二本目に関しても個々の音の載せ方は格好いいんだけど内容がこうパッとしない。3週連続の呂布カルマのせいで内容を求めてしまう体になってしまったんだろうか。 KEN THE 390の「4小節を2小節にしてみたりアグレッシブなところを評価」というチームコンビネーションのちょっとしたところが判断基準に上げてたところと「セッションをしている」という言葉にある通り、互いに決め手がないんだろうなと。バトルっぽくないRoundだった。

Round2

Round2もフロウvsフロウみたいな展開だった。モンスター側はビート間を流れるように、チャレンジャーはビート間で緩急付けて。全Round通してT-Pablowのチコのリズムの乗り方に合わせつつ、かつチコより韻を踏む、というスタイルがかなりハマってて、モンスターチームはこの順序が逆だったら上手いコンビネーションという形で表れないんじゃないだろうか。フロウも韻もできるT-Pablowじゃないと成り立たないコンビネーションだなぁと感じる。このRoundに関して言うと、個人的には最後のPONYの「本当楽しいこの状況二度とはねぇ ちゃんとこの目に刻み込め おっとごめん あっ日本人ならお米 足りてねぇようじゃ 華奢な体だね」って部分が乗り方といい「二度とはねぇ」「刻み込め」「ごめん」「お米」という踏み方といい「おっとゴメン あっ日本人ならお米 足りてねぇようじゃ 華奢な体だね」というくだらない内容が相まって、今回の試合の中で一番好きかもしれない。個人的クリティカルはこの箇所でした。

Round3

「エイエイAとAとB 永久でB級のこのグルメが残るフロウだ」今回チコもチコで毎Roundの一発目で色々な音の載せ方をしてて、改めてフロウが上手いんだなぁとしみじみ思いつつ、どのRoundも2本目3本目になるとバイブスが前に出過ぎてて、そこをT-Pablowが冷静にフロウと韻で歯止めをかける感じになっていて、良いチームというか良いT-Pablowだなぁと。試合もT-Pablowの「何がお前 鬼になる 分かる価値ならこっちにある 分かるかな? 俺らラップすれば確実にコイツとちり出す これがフロウ 2017年 お前らどう? それなら2005年のラップだぜ」が要になってる。これに対して「スキルをアップデートしてなきゃならねぇ そんなの当然 かましておくれ」というブキを変えてるぜというPONYと「時代に合わせて呼吸するつもりはねぇ コレが俺のやり方ブレず1本だけ」という時代に流されないという句潤の二つがダブルスタンダードになっててチーム内で自爆してしまったように思えた。

楽曲

楽曲、モンスターだけかと思ってたけどERONEもKEN THE 390の姿も見えるけど、その当たりも参加するのだろうか

フリースタイル・ダンジョン 2016

フリースタイル・ダンジョン 2016

コミックアプリ「GANMA!」が快適で通勤が捗る

comicoのチケット制導入による改悪による、コミックアプリ難民となっていましたが、GANMA!というアプリを出会い、快適なスマホコミックライフが戻ってきました。

play.google.com

1話1話毎に挟まれる数ページの広告だけで後はKindleのようにひたすら捲るだけで続きを延々と読んでいける。

他のコミックアプリと違ってコンテンツ的には有名作品が無いので弱いけどもランキングに乗ってる作品を読んで行っている。面白い。飽きずに延々と読めてしまう。

「焼肉店センゴク」をこれで初めて知って読んだのだけど、すっかりハマってしまった。ゆるゆるな日常系漫画なんだけど、しれっと恋愛要素を入れ込んできたり、とにかくヤエちゃんが可愛すぎて。久しぶりに無茶苦茶カワイイピンクキャラを見たかもしれない。

ganma.jp

スタミナ制でコミックアプリを使わない!って人はGANMA!をインストールして、快適な漫画ライフを過ごしましょう。

【フリースタイルダンジョン】呂布カルマ vs R-指定、Rの前ではやはり没落者

皆様、呂布カルマとR-指定のRound2はご満足頂けたんでしょうか。テレビでは審査員は立ち上がり拍手喝采、モンスタールームでは漢が「格好いい」を連呼していたけど、3週に渡って呂布カルマ戦がやってこの結末は正直ガッカリした。急な手のひら返し感は否めないけども手のひら返さざるを得ないというか。

潔い散り際、切腹スタイルみたいな解説もされていたけど、そこまでの潔さは感じられなかった。腹に刃が当たって血ー出ちゃってちょっと痛くなって来たし、介錯人が刀振り下ろそうとしてるの見えるから、えーいままよ!ってレベルに見えてしまう。vs 漢のときのテンパってても最後までやり通すスタイルの方が個人的には断然格好いい。そこでちゃんとバトルが終わって審査結果出る前に自分から「クリティカル負けです」って認めたらなぁ。「僕の負けです!!」っていう爽やかさではなく、「あーもう勝てなーい無理ー!!」って感じにしか見えん。

とりあえず始めから感想を書いていく。

バトル前のR-指定、呂布カルマのそれぞれの思い、リベンジマッチのキッカケとなるUMB2014の映像、「さすがこのリベンジマッチだから、いつもより丁寧に濃く演出してんだなーUMBなんてフルじゃーん」と思った。これも放送終わってみると尺稼ぎなんだな…。

Round1。ここでもし呂布カルマが先攻取って自分から話題を出していたら、もしかしたらもしかしたんだろうか。という気持ちもあるけども、呂布の「ラップってのは見た目にでるぞ 汚ねぇ髭で顔面を隠してるロン毛で顔を隠してる それはお前の自身の無さの表れ」というきっと誰もが「呂布カルマ!サングラスサングラス!!」って突っ込んだだろうしょうもないミスを犯しているし変わらなかったかもしれない。Rの「なるほどね グラサンで目隠してるってことやろコイツ 自分で言ってるやん」はその通り!って思ったし、1つ前の呂布の「俺が吐いた言葉 俺に返ってくる だから 俺は下手なことは言わない」も含めて聞くとRound1でクリティカルでRの勝ちで良かった気もする。

Round2。Round1/Round2を通して言えるのは、今回の試合で呂布カルマの攻略法が分かってしまったことか。TK da 黒ぶち vs R-指定のときのTKが対R用に仕上げてきたのと同じく、今回のRも対呂布用に仕上げてきたスタイルなんだろうなと見て取れる。呂布カルマ攻略法は淡々と矛盾点を指摘する呂布カルマスタイルで、呂布には呂布をぶつけるのが良いのか。Round2のビート、普段のR-指定であれば、4小節目のブレイク部分を全部音ハメしてきそうだけど、それをせず、呂布カルマと同じく対話スタイルで呂布カルマの上をいった。そして最後の最後で「見た目だけカッコつけた 的場浩司 でもハートはチキン 名古屋コーチン FAKE 佐村河内 Shall we 死のダンス? 役所広司」とR-指定らしいガッチガチの韻で固めて会場を盛り上げるのはさすがR-指定ってところか。攻略法がハッキリとしても、パンチラインフェチズに負けて少ししか経っていない中、またBattle4という重いプレッシャーのバトルの中に冷静に行いつつ、さらに呂布カルマの上を行く必要があるから、誰しもが出来ることではないだろう。的場浩司コンプラなのはなんなんでしょう。芸能人の名前だと事務所側の許可が降りないとコンプラ扱いになったりするんだろうか。

ともかく今回はR-指定のベースの力量の高さを再確認した試合だった。ということにして締める!!

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

Kindle電子書籍リーダーにどうしても欲しい二つの機能

w1mvy.hatenablog.com

エロコンテンツを削除する方法が分かったので整理ついでにKindleコンテンツの購入数を確認したら2500程度あった。色々見てみると、一度しか読み返していなかったり、続きを購入していない漫画がいくつも見つかった。

同タイトルはまとめてくれ

Kindleで一覧表示をした場合1冊1冊の一覧をだ明日ので、スクロールバーが凄い長くて下までのスクロールする気力がなくなるし、1画面が同じタイトルで埋まったりするので、せめて同タイトルは1つとして扱って、そのタイトルをタップしたら1階層掘って、そのタイトルの漫画一覧を表示するようにして欲しい。

「こんなのもあったなー」って言いながら漫画を読み返したいんだ…。スクロールが長すぎてシンドイんだ…。

新刊が出たら通知してくれ

購入してるコンテンツの続刊が発売されたら通知してくれ。買うの忘れてしまうんだ…。本屋にもよらなくなったから「あ、この新刊出てるー」みたいなのが無くなったから買い忘れるんだ…。Amazonの新刊一覧ページは中途半端なエロ本だらけで見辛いし…。可能なら勝手に購入してダウンロードまでしておいてくれ…。

この二つの機能をどうか追加してください…!!!

【ネタバレあり】打ち切りなのか、作者の意図通りなのか「地獄のガールフレンド」完結

「地獄のガールフレンド」が完結した。

地獄のガールフレンド(1) (FEEL COMICS swing)

地獄のガールフレンド(1) (FEEL COMICS swing)

何だろう打ち切りなんですかね。「タラレバ娘」に全部持ってかれてしまったんだろうか。三人にようやく相手っぽいのが見つかったと思ったら、まさかの三人共存エンド。共存エンド自体は非常に良かった、というか三人は結局相手見つけて終わるんかなぁと思いながら読み続けていたから予想を裏切られたという意味で面白かったんだけども、もうちょっと続いて欲しかった…!!三人の相手が見つかったけど、やっぱりこの三人が良い、に至るまでの男性陣側との交流も三人の間の交流ももうちょっと描かれないと、三人が良い!!という結論に至ったことに対して読者の納得感がないんじゃなかろうか、少なくとも私は「あれ!この三人で暮らしてくんだ!何でだ?こういう百合展開だと見ればまぁもうどうでも良いかな!」という思いだった。

でも、今の「タラレバ娘」のグダグダっぷりというか牙が完全に抜けてしまったただの一般のラブコメ化した「タラレバ娘」の現状を見ると、長続きさせてもネタが無くなってごく普通な漫画に成り下がってしまう可能性もあるし、3巻とアッサリ短く終わったのはそれはそれで正解だったのかもしれないな。という思いもある。

が、やはり個人的な希望を言うと、「タラレバ娘」と異なり登場人物がシンママ、セカンドバージン、モテモテ、というバックグラウンドが異なる三人が集まっているので、結婚であったり、子供であったり、不倫であったり、とタラレバより話題の幅が広く、ギャグテイストも控えめで、笑えるけどちょっと重い雰囲気が好きだったので、やはり5巻ぐらいまでは続いて欲しかったなぁと思ってしまうのです。

地獄のガールフレンド(3) (FEEL COMICS swing)

地獄のガールフレンド(3) (FEEL COMICS swing)

「人は見た目が100パーセント」ドラマは糞だけど原作は面白いので読んでくれ

ドラマ「人は見た目が100パーセント」の一話を見た。

皆様ぜひ、原作を読むことをオススメします。原作の面白さは一話では殆ど再現されていない。

まず、Twitterでも色々なサイトでも言われている通り、桐谷美玲水川あさみがミスキャスト。桐谷美玲が主演をやる、と知ったときから、これナチュラルボーンキレイカワイイがやったら漫画のコンセプトとズレるんじゃないのって思ってたけどその通りだった。見た目がそもそも100パーセントの桐谷美玲らがオシャレが苦手な地味系な格好をして、オシャレとか興味ないし、目立たないように過ごしてきて、外見に自身が無いですぅーと言われたところで!公共の電波使って視聴者を皮肉ってるのか!

そして、原作のキャラと何か違う。桐谷美玲が美人過ぎて!とかそういう話じゃなくて、城之内さんのキャラが内気になってて原作のテンションが再現できてない。オシャレではない地味系だけども原作は三人ともテンション高めの明るい笑える美容ギャグ漫画なんだけども、ドラマはテンション低くて、原作の面白さが再現されていない。そして今後出てくるかもしれないけども、三人との対比として出て来る総務課のキラキラ系女子が出てこないのも失敗と言わざるをえない。頑張ってオシャレしたのにさらに上を行く、もしくはオシャレに対する思いの丈を語る総務課のキラキラ系女子が出て来るからオチに繋がるのにだ。

後はテンポが悪い、というか1時間枠でやるドラマじゃなかったでしょこれ。原作が1話毎に「アヒル口」「帽子」「つけまつ毛」と1つのアイテムを試す -> ちょっと失敗する -> 可愛くなる -> 何かしらオチ -> 研究まとめ みたいなテンポの良さがあるのに、1時間やるもんだから、そのアイテムとアイテムを繋げるために良く分からない城之内さんの過去話とか心情描いたり、謎の男上司が出てきて、絡んできたり、無理やりストーリー仕立てにするもんだから、テンポが只々悪いのと、そのちょっとした味付け程度のストーリー性に全く魅力を感じられない。原作は単純な美容ギャグ漫画だから!!そこが面白いんだよ!!

ドラマの悪口しか書いてないですが、原作は非常に面白いので皆様ぜひ読んでみて下さい。