【フリースタイルダンジョン】晋平太 vs R-指定、菊の花からのやつ完成度高すぎて書いてきた歌詞みたいや

ようやく4th stage。次でようやく!ようやく晋平太回が終わります。

またまた因縁の対決であり、個人的には一番楽しみだった vs R-指定戦でした。R-指定と言えばメジャーデビュー決まりましたね。この間のLINE LIVEで新曲流れてたんですけど、格好良い歌謡ラップでした。

UMB2010のあの試合は名勝負と言われてますが、晋平太 vs R-指定ってあれ一度っきりなんですね。UMBの2連覇と3連覇の印象からか何度かバトルしてるんじゃないかという勝手なイメージがあった。

Round1

このRの1ターン目が個人的には一番盛り上がったところでございます。 R「おまたせラップオタクの出番だ Fromコッペパンだ こんな奴 コテンパンだ とか言いながらな 俺は別にアンタに恨みも何もねぇよ」 UMB2010自身のサンプリングから始まる。確実に沸いてしまう奴や…。R/DOTAMAの「エイッエイッ」「ワンツー」に通じるものがある。 R「ただな 買った菊の花 蹴っちまった 牡丹のかけ違いで薔薇薔薇になった筋 でも桜はいないだろ?分かるか でもお前みたいなMC 死人に梔子だ」これ書いてて気付いたけど字幕ズルいよね。花の名前の部分ちゃんと全部分かりやすくなってて。分かりやすくなんだろうけど、今までそういう配慮みたいなのあったっけ。それにしても無茶苦茶綺麗で格好良い四小節。例えるなら聞いたら分かるやろ残りの菊の花からのやつ完成度高すぎて 書いてきた歌詞みたいや。

対する晋平太「俺が死人に口なし 次々菊の花を蹴散らし モンスター達クリアし 客の目 皆俺に釘付けだし」単純ながらしっかり踏みつつ、今までの三試合を越えてきた自身を表現する。残りの四小節は「だし」なので省こう。

R「ガツガツくんなよヤンキーでもないのにヤンキーだったらPablowみたくデッケェ実家たまる でも雨降っても地固まるって言うだろ?だから大丈夫だこのまま進んでいこうぜ」ワイプのPablowが怖い。不機嫌丸出しじゃないですか。「雨降っても地固まる」っていうのはPablowに対してなのか晋平太に対してなのか。「俺はなアンタにいじめっ子みたいな事はしたくない」って言ってるからPablowなのかな。

晋平太「地位名誉それを集めたってコレクションしても意味ねぇよもっと熱い情熱が見てぇよ その程度?お前どうしたんだよ?何やりに来たんだよ?ぼんやりしすぎてんだよ お前の大好きな未来予想図が」 「コレクションしても意味ねぇよ」ガッツリタイトル持ってる晋平太とRの二人の間で交わされると重い言葉ですね。そして、TKに引き続きで未来予想図IIでございます。未来予想図のHookが暗いからネガティブな歌と取られてもしょうが無い感はありますよね。

R「やってきたんだよ3連覇お前が拝んでない景色を拝んできた」これも2連覇/3連覇の二人が戦ってこそ映える言葉ですね。対する晋平太の「レベルが違うんだ?俺が司会やってなかったらお前は3連覇できなかった 俺は辛かったぜ でもズラかず裏方やったぜ」いや、これLibraの社員だからやってたって話しじゃないんかこれ。

1ターン目のRがネタだろうと何だろうと綺麗過ぎたのでRound1はRですかね…。晋平太も「eiyo 黙れそこのガキ」ってUMBネタで返してたら面白かったんじゃなかろうか。

漢 a.k.a GAMI Youtuberデビュー

Round2のことを書こうと思ったらネタを見つけてしまったので思わず。。。

漢 a.k.a GAMIがいつの間にやらYoutuberデビューしておりました…。シバター、瀬戸こうじを巻き込んだ完全なるネタだなこれ!

www.youtube.com

スプラトゥーン2Creepy Nuts?!

イイダはDJ松永と全然違って可愛すぎ感あるけど、ヒメの方はこちらもR-指定と比べて可愛すぎるけども、髪型といい、キングを模す王冠といい、近いんじゃないだろうか…!!

【フリースタイルダンジョン】晋平太 vs T-Pablow やはりチューニングは思春期だった

前回、T-PablowだからMVの隙間があるんだな、とまるでvs T-Pablowが大したことないと思わせるようなことを書いたことを大変後悔しております。

サ上、漢よりも面白かったですね…。重いパンチライン、斬新なフロウ…。うーん。そんなモノは皆無でしたけども。格好いい!凄い!!ではなくて声上げて笑う感じだった。

Round2のが印象的だったのでそっちについてを書く。。

有名所のビートのときの先攻はとりあえずサンプリングしておけばアガるから有利ですよね。B-BOYイズムとかとか。しょうが無いよね。格好良いんだもの。

晋平太の胸ぐら掴むパブロ。パブロがRound2通して晋平太側から触ってきたという主張をしていたけども、胸ぐら掴む直前のシーン見てもパブロの背中で隠れて見えないんですよね。T-Pablow「おいこの野郎 てめぇ後でさらっちまうぞ このクソガキ この野郎がよ しゃらくせえこと言ってんじゃねぇぞ ガタガタ抜かすなアホ バイブスだけのアホ」一回り年齢の違う晋平太に対してクソガキはもう笑うしかないし、バイブスだけのアホはこの小節においては盛大なブーメランとしか言えないでしょこれ。テレビの前だから笑えるだけで実際にあの場で対面したらオシッコジョジョジョって感じなんでしょうけど。ワイプのチコが(´・ω・`)って顔をしてるのが可愛らしい。

対しての晋平太は大人ですね。「さらっちまうぜ?笑っちまうぜ お前がクソだせぇ 言われても動かねぇ 嘘じゃねぇ お前がマイク話して尻込みしてんぜ また掴んだ これでファウル2 俺のラップ中 何見てる? これで勝負する お前にラブがあってその胸ぐらを掴むラップを本当のワルの文化だと思って広めるのか?」そして"お前にラブがあってその胸ぐらを掴むラップを本当のワルの文化だと思って広めるのか?" このフレーズがカッコイいですね。今のヒップホップブームしかり、今までのヒップホップブームしかり、日本でワルの文化としてヒップホップは広まっていないんじゃなかろうか。私みたいな根暗ヒッキーが、その辺にいる今時の女子大生がヒップホップを聞いてるのもヒップホップ音楽の間口を色々な人が色々な形で広げてるからだし、そうじゃなければ私も聞いてないですわ。私のヒップホップの入りがポップンミュージックRIP SLYMEスチャダラパーとかだったので、なおさら。チルヒップホップについて私自身がそんなに知らないから、そっちから入った人からは私の思いが的外れなんでしょうけどね。

来週はついにUMB二連覇と三連覇の対決ですね。ここまでの流れを見ると、少年漫画を見てるようですね。四天王の中で最弱役のサ上、仲違いした昔の仲間役漢、ヒール役のT-Pablow。次は実力が拮抗した二人の対決!!みたいな形のバトルになることを期待しながら来週を楽しみに待とう!!

DIS IS RESPECT

DIS IS RESPECT

【フリースタイルダンジョン】とうとう来たな晋平太 vs 漢の試合ガァー!!

まさかvs漢だけで終わるとは思っておりませんでした。これは一試合で一回使う予定なんですね。順調にT-Pablow、R-指定、般若と行くと7/11に終わるわけですね。中途半端なタイミングで終わるけど後番組どうなるんだろう。もしくはseason変わってしれっと続くのかな。

Round1

晋平太「とうとう来たなこの時 漢「ガァー!!」」ここでもう笑ってしまう。 漢「弱い者いじめだったら惨め違ぇよ勘違いすんなよけじめ付けに来ただろケリつけに」 ワイプのR-指定の『我が生涯に一片の悔いなし』でも笑ってしまう。ちょっと因縁の勝負なのに真面目に入ってこないぞ。

晋平太「俺がどこが嘘ついてんだ?言ってくれよ約束のくだりか?司会も降りた審査員も降りたアンタのシナリオ通りな 関係ねぇんだよ社長?とアンタでタイマン張れ 」漢「マジふざけんなよ 約束したよな?道連れにしたくねぇから邪魔すんな 終わってからでも十分お前はそこにつけたはずなのにUMB俺との指切り勝手に破ってお前ビックリするよ 」「おい 嘘付いたよ さっきのVTRでもよ 堂々とした面で俺は降板した理由 お前はクビになったんじゃねぇよ俺と般若に嘘ついてクビ切られたんだよ」

ちらほら二人の因縁の根っこにあるLibraと9sariを思わすフレーズがチラホラ出始める。

のちのRoundでマリオ/クッパが普通に出てくるのに何故ドラえもんコンプラに架かるんだろうか。

Round2

ビートが「真っ向勝負」ってのがニクいですね。Round3の方がお似合いだったんじゃないかとも結果として思ってしまったけど。

晋平太「下向いてもクソ踏んだって俺は土踏まずつきながらスキルアップしてる真っ向勝負 これは最初で最後の大勝負」 晋平太の審査員降りてからチャレンジャーとしてここに立つまでの今までを表した一フレーズ。格好いい。 漢「お前は俺に復讐する為に悪魔に魂売ったんだろ?昨日昨晩何考えてた?」話の焦点はズラさない漢。 晋平太「拙者が運転者 フリースタイル ディスってんじゃねぇ今日は挑戦者 俺が嘘しかついてねぇってその嘘具体的にリアルにアンタのやり方でストリートみたいに言ってみろ」あんま運転者沸きませんでしたね。タイミング的に沸きどころじゃなかったからしょうが無いと思うけど、このフレーズで一番の沸きどころになって欲しかったですね…。晋平太は晋平太で自身からはLibra/9sariの件に関しては触れず。 漢「テレビだからしょうがないでしょ あー畜生めんどくせぇこのアーティスト」晋平太から振られたが、名前は出さない漢。 晋平太「9sari Libra 知ったこっちゃねぇ嘘ついた?俺を鎖で縛んな それと天秤ではかんな」漢「天秤ではかってねぇ9sariとLibra嘘くさい芝居ばかりするお前はバイバイ」ついに名前が出るわけですが、、、私としてはこの漢との試合全部丸ごとが晋平太/漢の和解のための完全な小芝居に見えてしまっていた。

Round3

そして、その小芝居っぽさはRound3でもっと顕著に見えてきてしまう。 晋平太「フリースタイルのレベル上げる為にやってるそのハードルちゃんと上げてKOK作ったそれは素晴らしいと思うよ だけどマイクは憂さ晴らしの道具ではねぇよ」漢「KOKそれもお前が居なかったら 出来なかった大会 ありがとな晋平太 ちゃんと日本一決めれるようになったよ日本一の"コンプラ"ってこともお前がわかったんだろ」「ブームに乗るより俺は文化に残す その為にこういう番組にも出てる」

ここにある通りで、晋平太/漢はそもそも前から和解はしていて、KOKの名前も売るために、このフリースタイルダンジョンという大舞台を使ったんだろうと。もうこの後はもう感動のフィナーレって感じですね。

実際は自然とこの流れになったのか、台本があってこうなったのか、とかは分かりようがないからどっちでもいいし、テレビでこの問題が取り上げられて9sari/Libraの名前が出て、Libraがコンプラ掛かるのに笑ってしまって面白かったんだけども、ここまで来るともうこれバトルになってるの?って気分になるし、これ経緯なり歴史なり知らない人が見ると全然面白くもなんともない気がするぞ!!

Monster Vision MV

これ、来週T-PablowだからMV放送枠があるんだなきっとこれ!!

毎日パンチライン ([実用品])

毎日パンチライン ([実用品])

【フリースタイルダンジョン】Mステにモンスター襲来

Zeebra抜けば関ジャニ∞と同じ人数なんですよねぇ。関ジャニ∞ってこんな人数いたんだ、と思いながら見てたけどモンスターも大概多いな。

アイドルと違って踊るわけでもないし、驚きなのはセットが皆無で密集しないとスカスカ感が否めないのもあるし、皆中央に固まってたんでしょうけど

なんかわちゃわちゃしてましたね。

Mステ用に歌詞が微妙に削られてDOTAMAの「いただきまぁす!!」、サ上の「バーカ嘘だよ!」もあるのにパブロのスーパーサイヤーンが切られているとは…。

Hookが般若一人じゃなくて全員だったらなぁ…。こう見るとRIP SLYMEケツメイシの楽曲の良さをシミジミ感じてしまう。モンスターの凄み的なのは在るんだろうけどHookで特に感じられんしなぁ。ビートが無茶苦茶重いビートってわけでも逆に凄い明るいわけでもないし、個々の方向性が結構異なってるし、中途半端な曲だなと思い始めてしまったのである。

MONSTER VISION

MONSTER VISION

【フリースタイルダンジョン】晋平太襲来により雑に扱われる他チャレンジャー

ざっくりと。

マチュアクルー

晋平太を楽しみにしていたのは間違いはないんですけどね。間違いはないんですけど、二組ばーっと雑に扱い過ぎなんじゃないか。特に「アマチュアクルー」。peko&ふぁんく&K-razyとかそりゃ沸くさね。出てきたときはこの回は全部アマチュアクルーで、次の週で4th Battle当たりでR-指定に負けて、そっからの晋平太で3rd season終了なのかな?とか思ってたんですよ。思ってたのにまさかの1st Battleでしかもクリティカルですよ。

でも確かに往なされていた感は否めないですね。そして口迫サイファーでもそうだったけども関西勢の出たがり性分が出るのか、勢いなのか、チームワーク的にはバラバラに見えてしまう。この三人だったら3on3とかではなくて1on1でそれぞれの試合をじっくり見たかったなぁという気持ちが強い。

根深い人

これはNONKEYが只々可愛そうな試合だったけども、DOTAMA/R-指定という視聴者が恐らく一番望んでいただろう2on2の組み合わせと当たってしまったのは運が悪かったとしか言いようがない。が、しかし肝心のNONKEYが試合に出ていなく、DOTAMAもRもこの力抜いてやってるのが感じられ、あまり面白い試合ではなかったなぁと。Rの「そこのクソブタ上がってこいよ」、DOTAMAの「NONKEYさんあんたさダースさんとかヒダさんと同じ司会業になれない人の成れの果てだ」、試合に出てない他のメンツを四方八方disって口悪いなぁと思ってたらKMCの「お前のラジオでたけれども なに訳分かんねぇ噛み噛みのゾマホンが相方 どうなってんだこの訳分かんねぇモジャモジャ」と予想外のACEが一番被害にあってる部分がクソ面白かった。

晋平太

チャレンジャー紹介動画の最中でずっと会場が湧いてるのが期待の現れですね。そしてまさか最初っから般若ルーム、からのオリジナルメンバーで行く宣言。3rd seasonの幕切れに相応しい舞台作りですね。さらに白スーツで菊の花束でキメたサイプレス上野呂布カルマのときも特別扱いは感じられたけど、やはり晋平太は扱いがさらに違いますね。

晋平太「全然真剣さが足りない 全然新鮮さが足りない 今のこのダンジョン 俺晋平太が足りない 俺死ぬのかな? これいるのかな? この菊の花 この花束 受け取れねぇぞ 今日はMother Fucker」花束蹴り飛ばしつつ、菊の花の下りはこれ格好良すぎだし、クリティカル判定入ったのはここの印象なのかなぁと。ワイプでRが菊の花ライム読みしてますね。でもサ上の「このマイクとスタミナ?けど言ったよな 疲れた 3秒後には変わるから 抜いてやる この三枚舌」も劣らないほど格好良かったんですよね、ニヤつきながら圧かけてく感じ。

もう一本見たかったしクリティカルなのは残念だけども、このクリティカルはしょうが無いなと。Lilyさんは何言ってるのかよく分からなかったけども、この試合は誰もが見ても 5.5:4.5=晋平太:サ上 ぐらいで僅差で晋平太のが格好良いかな、って思ってしまうような試合だったし、結果はクリティカルだけど中身はひたすらに僅差だったと思う。

ミュージックステーション

今日はMステにフリースタイルダンジョンが襲来するぞ!!これフルでやらないと歌わないモンスターが出て来そうだけど果たしてフルでやるのだろうか!!!

MONSTER VISION

MONSTER VISION

【フリースタイルダンジョン】戦極ライマーズ、史上最高の3on3

凄い久しぶりに書く気がする。

MONSTER VISIONを聞きながら書いております。

MONSTER VISION

MONSTER VISION

序盤からZeebraの「R-指定さんいつからセックスを語れるようになったんですか」というパンチラインから始まるこの回、前回の9for vs TKda黒ぶちも9forがカッコよかったんだけど、今回の3on3のRound3は霞むぐらいカッコよかった。

Round1の全バースSAM一人だけで戦ってたらクリティカル出せるんじゃないかとかワイプのTKむっちゃ笑顔とか、Round2の最近の子ってチェーンメールって知ってるのとか「親指SAMは下に向く」の破壊力とか砂かけ婆Lilyは何を言ってんだろうとかあるけれども、全てはRound3でしたね。

1本目

モンスター「泣いても笑っても第三ラウンド」特に韻とかどうこうではないけども、Round3通した後に再度Round3を聞くとこの始まり方はむっちゃ格好いいっすね。次のこのパブロのフロウは賛否両論ありそう。パブロと言えばフロウみたいなところがあるから新しいフロウを生み出さないと行けないプレッシャーみたいなのがあるんですかね。それでもケツは全部踏んでいくパブロ凄い。

チャレンジャー9for「コイツが思春期だって俺はリズム変わって自由勝手はめ込む言葉四十八手」この言葉遊びに四十八手って言葉は凄い似合いますね…。SAM「音楽のセンスバッチリ見せる燃やすライム これポートガス・D・エース」Round2はロロノア・ゾロで踏んでるしワンピース好きなんですかね。↓Twitterで好きって言ってますね。

2本目

モンスター R「お前が古畑だったら白色のを降る旗 分かるかな」こっちもこっちで四十八手の言葉遊びからの「シメろシメろサイプレス上野かましてやれよ アッ 終わったわ」という上野遊び。サ上「T-Pablow かませ」この短くて綺麗なパス回し。パブロ「俺なら練るライム お前ら 俺なら即興 蹴るバース コイツら頭にぶち込む鉄パイプ ストリート咲いた薔薇つまりはヴェルサイユ 悪いけどインファイト ハナから違げんだ こちとら階級別階級」このかっこよさはさっきの1本目でパブロのフロウに賛否の否を挙げていた方々も正座して賛を上げざるを得ないんじゃないでしょうか。

チャレンジャー なんですが、ここがあんまり印象に残るところが無かったんですよね。「サ上さん何もさ全くスキルがない」も今回はサ上が絶好調にカッコよくてあまり同意はできないし。モンスター側に軍配が上がったのはここの差なんじゃなかろうかと思っている。

3本目

モンスター サ上「若さよりも大人の味がお前に伝わるだろう」ここのサ上の載せ方が個人的には好きです。「お前四十八手とか言ってるけど童貞野郎」と下らない韻で落とすのもサ上っぽい。R「EXILEと鉄パイプ 誰も何万回くらい踏んでる韻やんけボケが」チャレンジャー側に刺さるのと同時にこの間の対ACEの「俺が踏んだ韻だから踏んだ韻だから」をそっと思い出し、俺とは言ってないし、このバトルとは関係ないけど若干のブーメランを感じた。そしてモンスタールームのDOTAMAとTKはいい笑顔で試合見てますね。

チャレンジャー 「そう蜂の巣状態からまたこれはNight Show Time 神の到来 倍のフロウから高くとんでくライト兄弟 はるかに上空 これは危ない夜からまた爆弾じゃなくてサムライソウル」Rの「何万回くらい踏んでる韻」に対してひたすら内容ではなく独特な韻を踏みまくりアンサーを返すSAM。「コイツがさ突き通す まるでさ筋通す お前ら Like a 発泡スチロール」そして9forも続けて言葉の四十八手を出して終了。

無茶苦茶接戦でどっちのチームの誰も彼もカッコよかったんだけども、やっぱり決めてになったのは2本目のチャレンジャーが若干弱くてそこだったのかなぁと。でも3on3史上最高にアツい試合だった。このレベルが毎回見れるなら引き続きチーム戦でも良いと思う!!!

近日

そして、ついに…。晋平太がでますね!!これも呂布カルマ宜しく特別シングル戦なんでしょうかね!!Libra関連では vs 漢、UMB関連では vs R-指定が地上波で見れるとなると今から楽しみですね!!!隠しモンスターで鎮座が出てきても楽しそう。

この「MCバトルを愛しMCバトルに愛された男」って説明は晋平太的にオッケーなんだろうか。

個とうんこ

会社の個室で用を足していると、左右から、力む声、排泄音が聞こえる。ふと思うと何故この薄壁一つ挟んで、扉の上下に隙間があるこのガバガバな個室の中で 我々は当然のように一緒にうんこをしているのか。

いつからだろうか、僕らが周りを気にせずうんこができるようになったのは。

ハッキリと覚えている限り、小学生のときには学校でうんこは出来なかった。学校でうんこをしようものなら、個室から出てきたのを見られようものなら、その日は完全に晒し者である。僕はいつもうんこを我慢し、帰宅していた。友人に悟られないように、それでも石蹴りの石を用水路に落とさないように。

中学、高校はどうだろうか。この時期に関しては正直どうしていたか覚えていない。あれ、うちの学校って個室あったっけ、と考えてしまうレベルだ。微かに思い出せるのは保健室の前にあった綺麗な個室は使っていたような覚えがある。

大学に関しては、学部の校舎のトイレがそこまで綺麗でなかったので、隣の学部のトイレまで行っていたのを覚えている。立派にうんこができるようになったのは大学時代からなのかもしれない。

学生時代にうんこを恥ずかしがるのは「xxxがうんこをしていた」という、個とうんこの紐付けがされてしまうからである。人間である以上、排泄行為は避けられないのだが、精神的に幼いときには個とうんこを紐付けてしまい、うんこに対するネガティブイメージが個に結びつくことによって、誂われる対象となったり、うんこをすることへの恥ずかしさに繋がるのである。

そんな僕らも精神が成長すると個とうんこを別々に考えることができるようになる。個室は互いにブラックボックスで密室であり、そこで自分がうんこをしたとしても、他人がうんこしたとしても、ブラックボックスの中で行われていることであり、全く意識をしないのだ。

しかし、小を足しているときについでに屁をこくのは恥ずかしいと思ってしまうのだが、それは同じく小を足している他人から、「屁をこいている私」すなわち「個とうんこが繋がった状態の私」を見られるのが恥ずかしいからなのかもしれない。

それを踏まえると個とうんこを分けて考えるのに役に立っているのは個室であり、個室の存在の有り難さを再度認識した、そんなところで、ウォシュレットの水圧に私の考えは中断された。

できる男はウンコがデカい (宝島社新書)

できる男はウンコがデカい (宝島社新書)