読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”おおかみこどもの雨と雪"を見てきた

おおかみこどもの雨と雪を見てきた。

ベタな表現だけれども映画館を出るまで息をするのを躊躇った。

本当に面白かった。

なんと言っていいのかよくわからず、細田守作品ではあるものの、所々ジブリであったりディズニーであったり
モナー歓喜だったりごちゃまぜの作品だった。

人間とおおかみどちらとしての人生を歩んでいくのか、分かれ道作品としても見れる。

雪だけに注目すれば、ありがちな成長作品としても見ることができる。

個人的にはあの作品は「本当の"どれみと魔女をやめた魔女"」だった。

ネットで"おジャ魔女どれみ最高傑作『どれみと魔女をやめた魔女』"のような
記事をよく見かけるが、個人的には全くそのようなことは思っていない。
むしろどれみとしては異端な回で"おジャ魔女どれみ"としてはどうなのかと首をかしげる。

どれみというイメージが自分からなくなったことにより、自分は「本当の"どれみと魔女をやめた魔女"」だと感じた。

ネットの感想とかまだ見ていないけど色々皆書いてるだろうしやめておこう。

後で追記するかもね